兵庫県宝塚市にあるRETOUCHE(ルトゥーシュ)

「大阪修縫株式会社」では、 寸法直し・加工・修理、

マッキントッシュの補修、マッキントッシュ製品の修理や

寸法直しお洋服に関して全ての事を全力で協力させていただきます。

素敵なお洋服をおめしいただくよう是非一度、私達にお洋服お直しさせてください。

 

私どもの会社は色々な能力を持った人々が集まり

一流のお洋服を手掛けることが出来ております

 

オートクチュール・プレタポルテのパターンに精通している人

既製服の縫製のスペシャリスト

繊維・染色を専門に勉強した人

繊維科学・機能フィルムに強い人

お洋服の付属品が大好きな人

お洋服が大好きな営業スタッフ

その結果、今日のトレンドを視野に入れた
ファッションルトゥーシュ(お直し)を確立しました。
技術力が高く、知識豊富な "職人集団" の弊社スタッフが

自信を持ってルトゥーシュいたします。

 

Service

 

ヒートシールド加工

 

♦ ヒートシールド加工とは ♦

糸で生地と生地を縫い合わせるのではなく、

熱接着加工により生地と生地を接着する事を

当社ではヒートシールド加工と名称致しております。

当社では以前より防水シーム加工を行っており、その技術とパーツの応用により

ヒートシールド加工ができ、専用の機能フィルムも多様に取り揃えております。

ヒートシールド加工はサイズ調整のみならず、縫い代の破れやほつれ、

穴あきにも対応が可能です。

 

※マッキントッシュのお直しにもこの技術を使用しております。

 

 

♦ 素材 ♦

ポリウレタン(大手化学メーカー製造の衣料用シーリングフィルム)

♦ 注意 ♦

ヒートシールドは高温に弱い性質があります

そのため表面温度が90度を超えると変形の恐れがあり

表面温度が130度を超えると接着樹脂が溶融して解離の危険がありますので

アイロン等にはご注意して下さい。

 

 

 

 

 

フランスに"ルトゥーシュ"という言葉があります

お洋服の寸法をお直しすることを意味するこの言葉には不思議なところがあります

写真ですとか、画像ですとかの修正にも使われます

視覚に映るものや見える物などを修正したり、改良したりする時に使う言葉です

 

お洋服のお直しをリフォーム、寸法直し、仕立て直しとか言いますね

この言葉たちには、着る人を美しく見せると言う意味が含まれておりません

特に、リフォームという言葉は日本人が作った造語で間違っているんです

間違った言葉を使ってはいけません

「お似合いのお洋服を着る」とか「よく似合うてはるおべべ(着物)を着る」と言いますでしょ

写りがいい、見映えがする、映えるとか

この言葉にはそういう意味が含まれているんです

<文化>があるんですね

京言葉に近いかもしれません

 

きちっと体に合わせた洋服は美しいんです

お袖丈、着丈を合わせると「シュッ」として素敵になるんですから・・・

 

「ルトゥーシュ」 この素敵な言葉を使って下さい

 

 

 

RETOUCHE

 

INFORMATION

2018.012.07  求人情報を更新しました

 

詳細は、メールかTELにてお問い合わせ下さい

TEL:0797-84-7709(担当小西)

 

Blog

© Retouche Inc.

大阪修縫 株式会社

〒665-0003 兵庫県宝塚市湯本町1-23

Tel . 0797-84-7709 Fax . 0797-81-2797

Service
ヒートシールド加工
RETOUCHE
INFORMATION
Blog